×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

メニエール症候群・めまい・耳鳴り・頭痛・・・原因不明・自律神経による症状を、薬に頼らず自分で治療する『自己治療FILE』

難聴改善プログラム「難聴を自宅で簡単に改善するプログラム」 南輪明希

突発性難聴という病気

突発性難聴は浜崎あゆみ自身のファンクラブのブログにおいて、以前から抱えていた左耳の疾患(内耳性突発難)が悪化し、左耳が完全に機能不全に陥ったことを告白した事でも話題に上がった病気。
文字通り即時的な難聴、または朝眼が覚めて気付くような難聴で飲酒喫煙歴はあまり関係なく老若男女問わず、誰でもある日突然的に聴力を失ってその原因は不明、確たる治療法もない病気
突発性難聴はおおよそ3分の1は完治、3分の1は回復するが難聴を残し、3分の1は治らないといわれています。
内耳などに障害が生じる感音性難聴の一種といわれていますが、原因は不明。
毛細血管の血行が妨げられて内耳に血液が十分に届かずに機能不全を起こすという内耳循環障害説と
ステロイド等の(感染症に対して抗炎症作用を持つ)が効果を発揮することからもウィルスの感染を原因とする説がある。
患者調査の傾向からストレスを原因の一つとする指摘もありますが耳以外での神経の麻痺などは見られていません。

突発性難聴詳細

突発性難聴とは生来健康で耳の病気を経験したことのない人が、明らかな原因もなく、あるとき突然に 通常一側の耳が聞こえなくなる病気をいいます
突発性難聴の発症はそのとき自分が何をしていたか明言できるほど即時的(突発的)で、そのため発症した時は耳が塞がっているようだ・耳に水が入ったような感じが取れない感覚などと訴えて難聴だと気付かないケースが多く、難聴は勘違いや誤診により治療が遅れるケースが多い。
突発性難聴の症状は軽度〜重度の難聴(低音型・水平型・高音型など)と耳鳴りの症状などが中心で、加えて聞こえてくるる音が「異常に音が響く」や「音が割れる」「音が二重に聞こえる」「音程が狂う」など、その人によって副症状も様々で時にはめまいや吐き気を訴える事もあるが、突発性難聴では難聴の変動がなく症状の進行や症状が変わるとメニエール病等も疑われる場合もある。
ほとんどの場合は片側の耳に発症するが、稀に両側性となるケースも報告されている。

突発性難聴の現状

難聴の発生と前後してめまいや、吐き気、嘔吐を伴うことがあるが、めまい発作を繰り返すことはなく神経症状も伴うことはないが、突然の失聴が患者に与える精神的負担は極めて大きく、原因が明白でないことや健康体からの突然の発症からくる精神的ショックや、耳の異常をに時自覚せざるを得なくなるため、深刻な慢性的ストレスと精神的苦痛を常に強いられる。
特に大人になってからの突然の難聴は障害認識がきわめて難しく、それまでの言語コミュニケーションにより築いてきた自身の社会的地位や職業などを危うくする場合もありえる。
突発性難聴は一般的に難聴が悪化したり改善したりする変動または再発しないと言われていますが、実際はその後まれに再発するケースも多く治癒から再発の期間もさまざま。
遺伝の要素も見つかっていないのですがあまり研究が進んでいないのが現状です。突発性難聴は 日本国内において約35,000名ほどといわれています

Copyright © 2007-2009 突発性難聴